内緒話のナビゲーター   トップページ > 友達  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチだったけど

2009 - 07/09 [Thu] - 10:04

火曜日はいつもの友達と5時間ランチ

の予定だったんだけど

友達がマンションをご購入~引っ越したというので
じゃ~ランチは新居で出前にしようってことになり
お邪魔してきました

前から新居にお邪魔するって決まってたら
お祝いもいろんなとこで選べたのに
突然決まったから買える物が限られちゃって
お邪魔する日の朝
大急ぎで買ってきたんだけど
それなりに気に入ってもらえた



思う・・・

Sちゃん
お気に召してくれたかしら?
(たまにここを見てるみたいだから)

新居ではすべての部屋を見せてもらったんだけど~

案内はなぜか一緒に行った友達(爆)
友達はもうすでにお邪魔したことがあるから

「ここは~子供部屋で~」

「こっちは~旦那の部屋で~」

おいおい(爆)


私がトイレ借りるとき

「トイレは2番目のドアだから~」

私:OK

「電気は廊下にスイッチあるから~」

私:あいよ~
  ねぇ~換気扇つけた方がいいの~?

「一応つけて~」

私:鍵しめなくてもいい~?

「いいよ~覗かないよ」

これ家主の友達じゃなくて一緒にいった友達がすべて返事
おまえの家か!(爆)

まぁ~いつものごとく
お下品な話で盛り上がった3人だけど

見かけはイメージ違うのよ

黙って3人でいたら
お下品な話なんかしなそうに見えるんだから(笑)


私がPCを買った話をしたら
家主の友達がここを見て知ってて

「あのコードレスだったらディスクトップでもいいと思った」

と言ったら

もう一人の友達が

「うちのもコードレスだよ」

友達・私:「そうだっけ

友達は何度も遊びにいってるし
私はそんなに遊びにいってないんだけど
PCの調子が悪いから見てと言われて
いじってるのに

全然覚えてない

見てるようで見てないもんだね~

スポンサーサイト

年齢

2009 - 01/19 [Mon] - 10:13

昨日は地元の友達のご主人の告別式に行ってきました
ご主人は高校の1年先輩で
友達とは高校の時から付き合ってて結婚したからもちろん私もよく知ってる人

告別式へ行き友達と会うと
泣きながら「げんママもわざわざ来てくれたの?ありがとね」
それを見て涙

告別式でご主人のお兄さんの挨拶を聞いては涙

お見送りの時
車の中から泣きながらみんなに頭を下げてる友達を見て涙

気丈な性格の友達だから告別式では
崩れることもなく頑張ってたけど
落ち着いたらがっくりきちゃうだろうな・・・

私の実家の方では告別式が終ったら
故人を明るく見送るの

だからここから先は暗い話じゃなく
私の一昨日からのドタバタ話を~

亡くなった後、告別式の場所と時間の連絡がきたけど
場所がどこだかわからない
(隣市なんだけどもう何十年も足を向けたことがないから)
告別式に乗り合わせていくのはダメで現地集合だから
私、たどり着けるか!?

結局、途中で友達と待ち合わせて後を着いていくことに・・・

そして「あっ!礼服!」
着れる?????
父が亡くなったときに買ったものでもう16~7年物
3年くらい前に近所の人のお葬式で着たからまだ大丈夫だろうと思ってたら
スカートがキツイ><
ホックを外してれば大丈夫かと思ったけどそれでもキツイ

慌てて実家へ電話して母の礼服を借して~と言うと
母の妹から貰ったやつがあるから
それが着れたら私にくれると言うので
一応、母のと叔母のを出しておいてもらった(笑)
もしも・・・母のも叔母のも着れなかったことを考えて
自分の礼服も着ていったんだけど^^;

叔母の礼服がサイズぴったり
あぁ~良かった~

斎場へ着くと高校時代の仲良しグループとも合流
1人が胸の谷間丸見え
「谷間見えてるよ!違う服なかったの~」と言うと

「違うんだよ~礼服の中のブラウスがきつくてボタンしめるとパッツンパッツンで
しょうがないから黒のブラウス探したらこれしかなかったんだよ~
胸が見えないように上着のボタンしめようと思ったらしまんないんだよ。。。ほら。。。(泣)」

別の友達も
「私も実は~ホック止めてないの^^;」

谷間の友達(笑)と会うのは3年?4年?ぶりくらい
ホックの友達(笑)と会うのは10年以上ぶりくらい

確かに2人とも太ったよなぁ~
つーかみんな太った(爆)

そして参列する人が段々集まってきたけど
ご主人の同級生らしき人達がわからない

「サトシくん(ご主人)の友達来てる?」
「あそこにいるグループがそうじゃない?」
「親戚のおっさんらと変わらないんだけど~」
「向こうも私達のこと見てそう思ってるよ」

(嫁さんの友達いねぇな。あそこにいるのは親戚のおばさんじゃねぇの?)

きっとそう思われてるよね・・・

告別式が終ってお昼を食べてた時の会話も
体のことや白髪のことや・・・ここではとっても言えないような話(爆)

みんなワンコを飼ってるからワンコの話も
私のブログを見てる友達が
先日のワン弁当を買うために高速で行った話を読んで
「おバカ丸出し夫婦またやってるよ~って大笑いしてたよ」って

何年も会ってなくてもいつも会ってるような関係にすぐに戻れるっていいね
年々、目をしかめるようなおばさん集団に近づいていくような気もしなくもないけど・・・(笑)

久しぶりに

2008 - 10/24 [Fri] - 20:30

友達の家に遊びにいってきました~

会うのは何ヶ月ぶりだから話は尽きなくて
あっと言う間に4時
楽しい時間はなんでこんなに早いんだろう

いつも私が友達の家に遊びにいってて
友達が私の家に来たことはないの
今度は家に遊びにきてもらえば時間を気にせず遊べるんだよね~

友達も今度は家にきて源ちゃんと遊びたいって言ってたし・・・

今度は家に来てもらおうかな

ただそうなるとあちこち掃除するのが面倒だわ~(笑)



復帰

2008 - 07/31 [Thu] - 19:48

げんパパやっと明日から仕事復帰です
長い3ヶ月だった

復帰に当たって私にもこれからの事を説明したいからと
本社の総務課長がわざわざ私に会いに来てくれました。

当面は課長が間に入って
本人と職場仲間と私と病院との連携を取りながら
ゆっくり仕事ができるような体制になってるから
不安があったり体の調子が良くないと思ったら
連絡してください。
そして家庭での様子を聞きたいから
課長からも私へ定期的に連絡します。

そういう話でした

ここまで一社員の事で会社が動いてくれるんだ
と感動しましたね

最初は様子を見ながらの仕事復帰になるので
半日程度の出勤から始めて徐々に体が慣れてきたら
普通の勤務体制になるみたい

そういう仕事の仕方なので
もちろん今までの部門での仕事はできないので
転勤になったのだけど

全然違う部門
もちろん給料も今までの3分の2くらいしかもらえないかも

生活は苦しくなるけど
元気に働けるようになればそれでいいんだよね

げんパパの復帰に向けて
げんパパが兄貴と慕ってる先輩数人が
「復帰させるんだったら俺のところで面倒みたい」
と言ってくれたんだって

休職中も心配してメールをくれてるのに
げんパパは何を返事したらいいのかわからないからって一切返事をしなかったのに
いつも見守ってくれてる人達がいて友達ってほんとにありがたいね

私も友達からの励ましにどれだけ救われたか・・・

げんパパがプロポーズしてくれたときの言葉の中に

「財産って言えるのは今の友達だけなんだ」

お金は頑張れば貯まるかもしれないけど
本当に自分の事を心配してくれる友達はどんなにお金を払ってもできないものね
一番の財産だよ
それが今回のことで身にしみました

まだまだ完全復活までには長い道のりだろうけど
とりあえず職場復帰までできるようになりました

今まで見守ってくれてありがとう
これからも愚痴を言いたくなるときがあると思うけど
よろしくお願いします

うつ

2008 - 04/25 [Fri] - 19:41

旦那の実家の問題やらで精神的にまいってしまった私は
うつ病に近い精神状態で友達にメールを送ったら

友達から電話がかかってきました

「何があっても弱音をはかないげんママがこんな事を言うのは
よっぽどの事だと思ったから

って・・・

「いつでも愚痴も聞くし私にできる事はするから
とにかくバカな事だけは考えるなよ

って・・・


げんパパも実家の問題で早退してきたり休んだりしてた時
同じ営業所の同期の一番の友達が
仕事帰りに家まで来てくれました

その友達は会社から自分の家までは30分くらいの距離なのに
わざわざ1時間以上かけて我が家に来てくれた後に
1時間かけて自宅に帰るしかないのに。。。

先日もまたその友達が休みの日に心配して我が家まで来てくれた

友達ってありがたいね

来月はいつもの5時間ランチコースの友達とのランチも計画してるから
少しは気分がかな~

何年かぶりに

2007 - 12/18 [Tue] - 19:58

今日は先日書いた亡くなった友達のお父さんへお線香をあげに行ってきました~

友達の実家は私の実家から車で30分くらい
実家へ帰ったときも友達の家方向へは滅多に行ったことがなかったから
あまりの変わりようにびっくり

迷子になりました(爆)

1本先の道を曲がってしまって
変だなぁ?と思い友達へ電話すると
「違うよ!1本手前の道を曲がるんだよ

やっぱり
Uターンして進んでいくと渋滞にはまり動かない

いつまでたっても来ない私がまた迷子になったと思って
友達から電話

「今、渋滞~」
「あっやっと動いた~」

実況中継しながら走っていくと
友達の家へ曲がる信号が見えたので

「もうすぐ着くよ~」
「今、ラーメン屋曲がったとこ~」

友達「ラーメン屋?あんたどこ行くの?うちの曲がり角にあるのはうどん屋だよ

ゲッ

また間違った

またしてもUターンして

(うどん屋うどん屋うどん屋うどん屋・・・・・)

うどん屋を目指してひたすた走る(笑)

やっとやっと着いた時にはいつもは30分で着くところが1時間

地元近くで迷子になるとは思いませんでした

友達とお母さんとお昼一緒に食べようと言ってくれたんだけど
実家にも用事があって母が待ってるからとあまりゆっくりもできずに帰ってきました

友達も私も帰るのに時間がかかるから
慌しい再開は残念だったけど少しでもお話できたから良かった

友達のお父さんは盆栽が趣味で
庭いっぱいに植木鉢があるんだけどお父さんが亡くなったら
もう誰も手入れする人がいないから友達とかにあげてるそうで

私と私の母にと「アロエ」と「金のなる木」をくれました
盆栽じゃなくて良かった(笑)

お父さん枯らさないようにするからね・・・
天国で見守っててね・・・

2007-12g18-1.jpg


急いで実家へ戻って今度は母と郵便局へ行ったり
年末年始の買い物をしたり・・・

お昼にありつけたのが2時
お腹減った~

今日はどこで食べようか
ラーメンは? 私「ヤダ」
ファミレスは? 母「ヤダ」
えぇーじゃとんかつとか? 2人とも「あんまり・・・だね・・・」

でやっと決まったのが
お寿司屋さん

回らないお寿司屋さんなんて何年ぶりだろう

ランチのにぎりセットを頼んだんだけど

2007-12g18-2.jpg


サラダにお味噌汁
このお味噌汁のお茶碗はどんぶりくらいの大きさ

2007-12g18-3.jpg


最後に茶碗蒸し

2007-12g18-4.jpg


いつもはこれだけの量だと食べきれないこともあるけど
今日はお腹が減ったので完食
あっお味噌汁は残しちゃったけど

これで千円はお得だよね~

6年もの間

2007 - 12/09 [Sun] - 19:26

秋頃に高校時代の友達のお父さんが具合が悪く年を越せないかもと聞いてたら喪中のハガキが来て亡くなった事を知りました。

高校時代から結婚するまでいつも一緒で一番仲良かった友達だけど
今は住んでる場所が離れてしまってもう何年も会えないで
たまにメールや電話で話すだけの付き合いになっちゃったから
お父さんが亡くなったのも連絡してこなかった

なので、電話してみようと友達の携帯へかけたら
友達の旦那がでた

え?と思ったけど
友達の旦那さんも遊び友達の1人だったから仲良くて

「Yちゃん?久しぶり~げんママですぅ~」言うと

「おぉ~久しぶり~電話してくるなんて珍しいな~
何かあったのか?」

あれ?なんかやっぱり変?
もしかして・・・もしかして・・・

「ねぇ?もしかしてこの番号はYちゃんの携帯?」

「そうだよ。俺のだよ」

えぇーーーー
って言うことは私は友達の携帯番号知らなかったんだ

それを旦那さんに言うと

「はぁ~?なんで?でも、俺もげんママの番号は登録してあるよ。
今、名前出たもん(笑)」

「私達、いつ携番の教えっこしたんだっけ?(爆)」

友達の旦那と私は怪しい関係だったのかもしれない  ぷっ

友達に電話を代わってもらってこの事を言うと

「私、この番号6年くらい使ってんだけど・・・
それよりもなんで私の番号は知らないで旦那の番号を知ってんだよ (笑)」

いや~
6年もの間、携帯に電話したことがないってのも驚きだわ
いつもメールか電話は長電話になるから家電だったもんなぁ~

近い内にお父さんにお線香あげにいくよと言うと
最初は遠いからこなくていいよって言ってたけど
私が行く日に友達も実家へ帰れば私とも5年ぶりに会えるから
じゃ~久々に会おうってことになり今月中には行ってこようと思います。

それにしても会うのも5年ぶりだもんなぁ~
結婚するまでは結婚してもたまには遊ぼうねって言ってたけど
やっぱり住んでる場所が離れるとなかなか会えなくなる

友達どころか知り合いさえもいない所へ越してきて
何人かの友達はできたけど、昔からの友達って気心が知れてるし
やっぱり特別なんだよね~

今回、家の電話が壊れてて使えないから携帯へかけたんだけど
それがなかったら友達の携番は知らないままだったかも(爆)

2007-12g7-yuhi.jpg

昔話

2007 - 09/20 [Thu] - 19:47

昨日は実家へ行ってきました。

先日の友達ご主人の香典の件もあったので
地元の友達の所へも寄ってどうするのか聞いたら

やっぱり今回は内緒にしてるんだから
行かない方がいいだろうってことになったみたいなので
私も知らなかったことにします。

母も近所の人と相談したら
やっぱり何も言わないのに行けないから
向こうから言ってきたらその時に・・・ってことにするみたい




昨日会った友達とは久々だったので話が弾み
高校時代の話まで出てきた(笑)

さらには当時の写真まで持ち出してきて
修学旅行や体育祭の写真を見ながら
この時にこんなことあったよね~
とタイムスリップ

同じグループのFちゃんの話になったら
今も付き合ってるらしく
昔からセコイ女だったFちゃんの現在の仰天話を聞いて
大爆笑!

以前、セコイ男のことを書いたけど
それを上回るせこさ?図々しさ?(爆)

Fちゃんの仰天話

パートⅠ
友達の家に遊びに来たとき。
他にも遊びにきてた3人がそれぞれ手土産を持ってきてくれたから
Fちゃん自分の手土産は開けないで
帰りに「みんなの分がいっぱいあるからこれは持って帰るね」
と持ち帰る

パートⅡ
Fちゃん宅で頂いた鮭をおすそ分けに持ってきてくれた後日
「あの鮭はじいちゃんが貰ったやつだからお礼は焼酎でいいから」
と電話がかかってきたんだって

パートⅢ
みんなで飲みに行った時お酒を飲まないFちゃんの車で行き
駐車場代請求され(←これは当然だと思うけど)ガソリン代請求され
帰りにFちゃん一家の分のジュースを請求され
飲み代はワリカンにしたけどしっかりFちゃんち経営会社の名前で領収書をもらった

いや~昔からケチだったけど
年とともにパワーアップしてる~~~~

他にも色々とFちゃんの仰天話を聞かされ
私はお腹が痛くなるほど笑い転げちゃったよ

 | HOME |  »

星が見える名言集100

プロフィール

げんママ

Author:げんママ
こちらは私のひとりごとを
書いていきたいと思います♪

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

ブログ検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。