内緒話のナビゲーター   トップページ > 本  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゃぼん玉

2010 - 04/11 [Sun] - 19:56

入院するのに何冊か本を買いました
その中で一番良かった本が

「しゃぼん玉」乃南 アサ





自暴自棄な生活を送っていた主人公が山奥の村人たちの優しさに触れて改心していく
という内容なんだけど

主人公の心の揺れがとってもよく描かれているし
村人たちの素朴な優しさがとっても感動する作品です

久々に本を読んで泣きました

スポンサーサイト

GW

2008 - 05/06 [Tue] - 10:17

げんパパの無気力症候群により今年のGWはどこも行けないので
毎日家でゴロゴロしてたから
を読みまくったよ~

今更だけど「チームバチスタの栄光」

刑事 鳴沢了」全シリーズ
こんなに主人公が好きになれないのも珍しいと思いながら読んでたんだけど
3~4作目あたりから鳴沢も変わってきたからか?
慣れてきたからからか?
面白くなってきたかなぁ~

まだ読み終わってないんだけど一番面白いのが
亡国のイージス
映画にもなったんだね~
これだったら映画も面白いかも

毎日、本を読んで午後からお昼寝して夜も本を読んで
寝るのが3時4時・・・7時前には起きるけど・・・
連休が終ったら5時半には起きなくちゃいけないのに
明日から普通の時間帯に戻れるかしら

読書

2007 - 11/27 [Tue] - 19:22

久々に面白い本を読んだよ~

映画化が決まって本屋さんに並んでるのを見て
買おうか悩んでたんだけどげんパパが買ってきました(笑)

「犯人に告ぐ」




神奈川県下で連続児童殺人事件が発生。特別捜査官・巻島史彦は夜のニュース番組に出演、公開捜査を敢行する。姿見えぬ犯人との対話で事件は解決できるのか? 
巻島は6年前の誘拐事件で致命的なミスをし、記者会見でも大失態を犯し左遷させられるが今回の公開捜査をするために呼び戻される
その6年前の事件もからみ・・・

犯人逮捕にいたるまでが面白かったから
最後の結末にはちょっとがっかりだったんだけど
なかなか面白かった

次は

「シリウスの道」

2007-11-siriusu.jpg


大手広告代理店・東邦広告に勤める辰村祐介には、明子、勝哉という2人の幼馴染がいた。この3人の間には、決して人には言えない、ある秘密があった。その過去が25年の月日を経た今、何者かによって察知された…。緊迫した18億円の広告コンペの内幕を主軸に展開するビジネス・ハードボイルドの決定版ここに登場。

広告代理店コンペの話と幼馴染との絡みが内容なんだけど
広告の仕事がわからない人にもわかりやすく読めるような
工夫がされてて最後は切ない気持ちになるかなぁ~

ハゲタカ

2007 - 08/30 [Thu] - 19:41

今月は問題を抱えて何もする気になれなくて
ずっと本を読んでました

その中で一番面白かったのは
げんパパが買ってきた

ハゲタカ

企業買収・再生の話なんだけど
主人公の鷲津政彦がなぜそこまで執拗にこだわるのかが
わかる後半から
続きの「ハゲタカ2」まで
一気に読んじゃった

先週までNHKでドラマもやってたのに知らなくて最終回だけ見たけど
話の流れがわからなくてつまんなかった

ドラマの内容は本とは違うだろうけど面白そうなドラマだったよ

2007 - 02/16 [Fri] - 21:35

今月2冊の本を読みました

モルヒネ




読者感想で「泣けた」「涙なしでは読めなかった」「最後まで泣きながら読みました」などなどあったので純愛小説?と思って買ってみました

婚約者がいる主人公に余命数ヶ月の元彼が現れ主人公は元彼のもとへ・・・

私は人と感情が違うのかしら
泣くどころか自分勝手な元彼が憎らしく
こんな男のために婚約者を裏切っていいの?
となんか悲しさよりもムカつきながら読みました(笑)

もう1冊は

傷痕

kizuato.jpg


レイプ犯に夫と娘を殺され自らも酷い暴行を受け傷ついた刑事に
新たなレイプ犯から挑戦が・・・

こちらも帯に「書籍店員さんお薦めNO1」と書いてあったので
買ったもの

内容はグロテクスな内容ありでそういうのが苦手な人は
読まないほうがいいです(げんパパは気持ち悪くなったらしい)

ストーリーとしては面白いとは思うんだけど
以前ここにも書いた「報復」という本と同じ展開で
読んでる途中で犯人がわかってしまった私

ちょっとがっかりでした
でも、報復を読んでない人には面白いかも

2006 - 09/22 [Fri] - 19:48

先週からの具合が良くなるまで
なるべく傍にいてあげようと思ってネットを控え
テレビを見たり本を読んだりしてました。

1冊目は来月から上映される地下鉄(メトロ)に乗って
憎んでる父親の若い頃にタイムスリップしてしまう話。
映画を観る人もいると思うので詳しい内容は書かないけど(笑)

何ヶ月も前に読んで今回読み直したんだけど
これは映画も観てみたいなぁ~

もう1冊は機関車先生
検索したらビデオが出てた

口が聞けない先生と小学生達との物語で
読んだ後に暖かい気持ちになれます。
そして最後は涙・・・涙・・・

2006 - 09/08 [Fri] - 19:26

久々に本を買ってきました

今、上映されてる親指さがし
全然興味なかったんだけどなんとなくパラパラしたら
面白そうかなと思ったのと映画は怖そうなので
見ないと思って(笑)買ってみました

「こっくりさん」とか懐かしい~~
私も子供の頃やったなぁ~とか思いながら読み進めていき・・・

ホラー系のものは好きではないけど意外と面白かったです

でも、やっぱりこういう怖そうな話よりも
恋愛物やハードボイルドの方が好きかな

あともう1冊は赤川次郎の新作「真珠色のコーヒーカップ」
このシリーズは毎年1冊出され主人公の爽香がそれに合わせ1歳ずつ年を取っていくものなので
マンネリと思いながらも毎年買ってしまいます

かなかなさんの読まれた「犬がくれた幸福」もあったら
買おうと思ってたのに店に入ったとたんタイトルを忘れたぁー表紙を見ればわかるはず~と思って探したけど
見つからなかったので諦めました
今度ツ○ヤへ行く時はメモして行こう





リミット

2006 - 07/04 [Tue] - 19:28

「リミット」野沢尚さんの本を読んでみました
これは結構面白かった

主人公は体力なし射撃下手デスクワークだけが得意の女刑事が
誘拐された自分の子供のために犯人だけじゃなく警察までを敵に回してたった一人で戦う話なんだけど
最後の最後に意外な結末が

大沢在昌の新宿鮫シリーズの新刊がなかなかでなくてつまんなぁ~い



 | HOME |  »

星が見える名言集100

プロフィール

げんママ

Author:げんママ
こちらは私のひとりごとを
書いていきたいと思います♪

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

ブログ検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。